Doshisha University, Faculty of Commerce: Karasuma-Imadegawa, Kyoto, JAPAN
Copyright (2005) All documents and images uploaded in this site should not be reproduced and/or distributed.

    「経済変動論」テキスト
(以 下のページにアクセスするには、授業中に通知したIDとパスワードが必要です。)
第I部  経済変動論の基礎知識
 第1章 再生産構造と利潤
 第2章 投資と貯蓄の一致と経済活動
     ※第2章は第1章のファイルに含まれています。
 第3章 投資の決定因
 

第II部 経済成長
 第4章 経済成長の不安定性
 第5章 市場メカニズムと経済成長

第III部 景気循環
 第6章 在庫投資と景気循環
    在庫循環シミュレーション
 第7章 設備投資と景気循環(1)
      線形モデル
    設備循環シミュレーション
 第8章 設備投資と景気循環(2)
      非線形モデル

第4部 アドバンスト・トピックス
 第9章 古典派の蓄積モデル
 第10章 経済成長と所得分配
 第11章 投資・価格決定と経済成長
 第12章 新古典派モデルの拡張(1)
      2部門成長モデル
 第13章 新古典派モデルの拡張(2)
      貨幣的成長モデル
 第14章 新古典派モデルの拡張(3)
      技術進歩と経済成長
 第15章 動学的最適化と経済分析

※受講生以外でこのテキストを参照したい方は、著者まで連絡してください。連絡先は中央のコラムの最下部にあります。

        「経済学」講義資料
(以 下のページにアクセスするには、授業中に通知したIDとパスワードが必要です。)
パワーポイントファイルがうまくダウンロードできない場合はPDF版を試してください。
「経済学を学ぶ前に」スライド
第 1章スライド(旧版)
第1章追加資料(訂正版10/20up)
第2章スライド(旧版)
第3章スライド
(旧版)
第4章スライド
(旧版)
第5章スライド
(旧版)
第5章 補足資料(2016年1月up)

      「マク ロ経済学」テキスト
(以 下のページにアクセスするには、授業中に通知したIDとパスワードが必要です。)
序章「はじめに、目次」
第1章「マクロ経済学の系譜と体系」
   資料 系譜と体系のチャート図
第2章「経済活動をとらえる尺度とマクロ的循環構造」

第3章「所得決定の基本モデル」
第4章「投資決定の理論」
第5章「貨幣の需要と供給」
第6章「生産物および貨幣の需給均衡」
第7章「短期における経済政策の効果」
第8章「物価変化と所得分析」
第9章「貿易・外国為替レートとマクロ経済」
第10章「新古典派の経済成長モデル」

※受講生以外でこのテキストを参照したい方は、著者まで連絡してください。連絡先は中央のコラムの最下部にあります。

(その他資料)
産業連関表2012年版
資金循環表
国際収支表
2013年 国際収支の構造
ISバランス
記事「欧州中銀マイナス金利」
日本のマネーストック推移
日本の各種金利の推移
日本の国債発行残高推移
ギリシャ経済のマクロ的現況 

    2016年度 休講連絡など



          研 究活動関係
■現在 の研究テーマ
  「制度と個人」という私の現在の研究テーマ  についての簡単な解説です。
略歴・研究業績
同志社大学研究者基本情報へのリンクです。













































































 御苑の野鳥
(アオジ)


(ルリビタキ)


(ヤマガラ)


(コゲラ)


(トラツグミ)


(ジジュウカラ)




これは 森田雅憲(同志社大学・商学部)の公式ホームページです。お問い合わせは下記まで。
 


































































































































































































8月4日から11日まで、アーモスト大学野球部が、同志社大学野球部との交流試合のために同志社にやってきました。多々羅キャンパスで生活しながら、午前中は練習や紅白試合、そして午後は京都や奈良の観光と充実した毎日を過ごしました。

両校の選手たちは言葉の壁があるにもかかわらず、野球という共通の話題があるためか、紅白試合でも息がぴったり合っていました。

アーモスト大学の野球部OBの方から、ワールドシリーズの優勝カップを作るメーカーで作った特別仕様のカップが同志社大学に贈られました。

11日午前中にあった交流試合は前半がアーモスト大学のペースで進み、後半に同志社が逆転するという見ごたえのあるものになり ました。アーモストのパワーと同志社の技の勝負といった趣でした。試合のあと、両校の選手たちが別れを惜しんでいる様子は実にすがすがしいものでした。

こうした交流が、今後も続くことを願ってやみません。





















































































    Pelhamという町 が、アーモストの隣にあります。その町の歴史を書いた文書に 依りますと、Pelhamに住んでいたAdam Johnsonという大工さんが1823年 に亡くなり、遺産として4000ド ルをアーモスト大学に寄付することにしました。このチャペルはその寄付によって建てられたものです。
 遺産相続をめぐる争いがあったため、着工は
1826年になりました。そして18272月にアーモスト大学に寄贈されました。その翌年に、寄付した 人の名前にちなんでJohnson chapelと名付けられました。この大工さんが一生かかって残したお金は6559ド ルだったそうですが、そのうちの4000ドルをアーモスト大学に寄付したのです。それまでにアーモスト大学が受け取った寄付の中で最高の額だったそうで す。
 このチャペルは、アーモスト大学では4番目の建物でした。1番目が
President House、2番目が新島襄が寄宿したNorth College、3番目がSouth Collegeで、そしてこのチャペルの順でした。

 同志社では、グレース教会における2ドルの寄付の話が動的エピソードとして伝説になっていますが、アーモスト大学にも、寄付にまつわる美談があるのですね。私学の定款を 「寄付行為」と呼んでいる精神が伝わってくるようです。(2011.11.02)



これは 森田雅憲(同志社大学・商学部)の公式ホームページです。お問い合わせは下記まで。
 
 


                                         


















































村上春樹とエルサレム文学賞
 先日、村上春樹氏がエルサレム文学賞を受賞したときに行ったスピーチが波紋を投げかけていますね。「壁」と「卵」という比喩で語られた 受賞メッセージ は、深 い感動を呼び起こすものでした。一部には、「壁」をイスラエルの戦車や白リン弾、「卵」をガザ地区で犠牲になっているパレスチナの一般市 民として受け取っ ている向きもあるようですが、こ れをイスラエル批判のメッセージとして受け取ったのでは、彼の真意を汲み取り損ねると思います。


 彼は、「壁」という言葉を「体制 The System」という意味で使いましたが、これは人間一般が否応なく作り出す「大義」と言い換えられるのではないでしょうか。イスラエル にはイスラエルの 大義が あり、パレス チナにはパレスチナの大義がある。そのいずれをも指す言葉ではないでしょうか。だから大文字になっている。そして人間自身が、自らが創り 出した大義の犠牲 になっ ている悲劇的状況を訴えた かったのだと思います。それはイスラエル・パレスチナ問題についていえば 「
か き混ぜられた卵」をふたた び元の卵に戻そう とする分 離壁に象徴されているのですが、同時にそれはア フガニスタンやソマリアなど世界の至る所に可視・不可視の 壁として遍在して いる問題であることを暗示しているのではないでしょうか。

 村上氏はダイレクトにイスラエルを批判することも、ダイレクトにパレスチナの肩を持つことも、そして授賞を 辞退することさえも、いずれにも居心地の悪さを感じていたのだと思います。なぜなら、それらの選択肢のいずれも、真意を曲げられたすえ 「大義」を振りかざ す人たちの道具になりかねないからで す。彼は、イスラエルとパレスチナの双方の側において大義の名の下に「卵」を踏みつぶしていく人々に、その愚かしさを訴えたかったのだと 思います。イスラ エルの民が絶望の果てに「嘆きの壁」にむかって頭を垂れるとき、その姿は同時 に爆撃におびえながら、なすすべもなくただ愛する人たちの無事を祈るしかないパレスチナの人々の姿と重なり合う。どちらにも「壁」にぶ つ かってつぶれかけている「卵」がそこにあ る。そういう境遇にある人々にこそ連帯のメッセージを届けたかったのだと思います。文学を手腕に運用する人にし かなし えない素晴らしいメタ・ポリティクスだと思います。おまけに彼が冗談半分に願ったように、いずれかの国で読者を失うこともない。

※私の研究テーマは「制度と個人」です。文学と比べるとはるかに味気ない社会理論という言語ですが、人間が作り出した制度とその中でしか 生きるほかない人 間の危うい 関係を少しでも理解できたらと思っています。その ような事情もあり、村上氏のスピーチには、共感するところが大いにありました。

なお、全文は、こ こにあります。
(090218)

     ゼミナー ル関係
■こ のゼミに応募しようと思っている人に:Q&A
演習Iの応募に当たって、当ゼミを希望する人は参考にしてください。
  2013年度版
 ゼ ミ紹介(動画)
※ID,PWが必要です。閲覧を希望する人は、このページの真ん中のコラムの下に示してあるアドレスまで連絡してください。

■ゼミ関係
  (アクセス認証が必要です)
卒論・レ ポートの書き方(必 読!) 
アカデミックなプレゼンテーションの作法PowerPoint 版(必 読!)
OB/OG 名簿(2014年4月21日現在版) 
※名簿は随時更新しています。転居したり、メールアドレスなどが変わった場合は、連絡していただければ、名簿のページに反映させますの で、よろしく。


(掲示板)
*2年ゼミ


*3年ゼミ

*4年ゼミ
※内定の出た人は、必ず連絡すること

*卒業生
卒業生の皆さんへ。転居などで連絡先が変わった人はぜひご連絡ください。

      Hotchpotch
■Gallery  
 *過去に表紙を飾った写真たち
 *同志社の風 景
   *Amherst Collegeの風景
■アーモスト大学の最新ランキング
■アーモスト大学の教育理念に関する資料など(以 下のページにアクセスするにはIDとパスワードが必要です。希望者は森田までメールで連絡してください。)
アー モスト大学とリベラルアーツ教育
アメリカ社会とアーモスト大学の教育理念
To Honor Gerald Penney
 上のスピーチのオーディオ・ファイル
2006年2月のBusiness Weekの記事
2007年5月のNewYork Timesの記事
2009年7月のJapan Timesの記事
オバマ大統領の教育政策
Amherst Collegeのランキングについて
2011年5月24日のNewYork Timesの 記事”Top Colleges, Largely for the Elite”
Amherst College Catalogにおける同志社の紹介
          Links
■同志社大学
■同志社大 学商学部
■アーモスト大学
■同志社小学校